好みのデザインにできる

パーソナルなオリジナルジュエリーを手軽に作ろう!

>

オーダーメイドとリフォーム

それぞれの特徴とは

全く何も決まっていない状態から宝石や形、サイズを決めていくのがオーダーメイドという作り方です。
完全にオリジナルのジュエリーが良いなら、こちらを選択してください。
中には、どのようなデザインにすれば良いのかわからず、カウンセリングの段階で長い時間が掛かる人が見られます。

その場合は、リフォームを選択しましょう。
リフォームもオリジナルジュエリーを作ることができますが、最初に市販のジュエリーを購入します。
そこから宝石のサイズを小さくしたり、装飾を削ったりするなど、加工してオリジナルにする方法となります。
こちらなら宝石や形がある程度決まっており、考えることが少なく、カウンセリングがスムーズに進みやすいです。

普段使いができるように

オーダーメイドにしてもジュエリーリフォームにしても、シンプルなデザインにする人が多いです。
どのような服装にも合いますし、様々な場面でも付けることができます。
シンプルであるなら、それだけ普段使いしやすいと覚えておきましょう。
もちろん、個性的なデザインにしても構いません。
自由にデザインを決められる面がオリジナルジュエリーのメリットですが、派手すぎると付けられる場面が限られます。

また若いうちは良いかもしれませんが、年齢を重ねると似合わなくなることがあります。
その時にせっかく作ったオリジナルジュエリーをタンスの中にしまい続けるのはもったいないので、年齢を重ねてからも変わらず使えるデザインを目指してください。


この記事をシェアする
TOPへ戻る