意外と知られていない改築と改修の違い

改築・改修の大きな違いについて

意外と知らない自宅・MS等改築改修

いざ改築、改修を実行しようと検討し始めると、改築か改修かというポイントで悩まれると思います。特に何年もお住まいになっている方は、住宅の劣化具合でも大きく変わってきますので、慎重になられるかと思います。
では、そもそもの改築改修の違いについてみてみましょう。

改築とは、老巧化した基礎や骨組みから手を着け、新築の状態にまで復元することを指します。
かなり大掛かりな作業となるため、根本的に部屋割り、キッチントイレ周りなどやさらに外装の大幅な変更ができるため、住宅のイメージを大きく変え、またより住み易い住宅に変更可能です。
マンションにお住まいの方はなかなか難しいですが、一戸建てにお住まいの方、中古住宅を購入検討されている方には非常に有効、かつメリットの大きい方法と言えるでしょう。

では、改築と改修の明確な違いは?

一方、改修は骨組み、基礎等には手を加えず、老巧化した内装、床回り、水周り配管等を新築に近い形で修復する事を言います。
改築に比べると制約が大きくあり、外観の大幅な変更や大胆な部屋割りや内装の変更とは行きませんが特にマンションにお住まいの方には非常にメリットの大きい改修となります。
最近はシステムキッチンへの取替えや壁を取り除いて3ldkをワンルームにするあるいは逆に子供部屋など部屋数の変更など、結構見違える改修もできるようです。
また、壁紙の張替えやリビングルームのフローリングの変更取替えなど、結構基本的な箇所にも手を入れる事ができ、マンションに住む方はほとんどが改修を選ぶケースが多く見受けられます。


この記事をシェアする